時代の変化を受けている男性求人は、女性が多い職場にも増えています

Job offer

男性求人は女性が多い職場にも増加

女性が多い職場であっても、男性求人が積極的に行われるようになりました。求人広告では、男女雇用機会均等法が施行されて以降、性別を限定した求人は例外規定を除いて原則禁止されることになったことで、男性求人が多かった職場に女性が入ってくるだけでなく、女性しかいない職場に対しても男性が採用される事例が増えています。
男性求人が特に増えた職場として、看護師があります。従来の男性看護師は、心療内科病棟が中心となっていたために大病院で専門の病棟を持っている所に限定されていました。しかし、看護師の仕事には力があった方が有利な業務内容が多く存在するので、男性看護師が活躍する機会が多くあります。看護師学校の段階から積極的に男性の入学希望者を募っていることも男性求人が看護師の世界で積極的に行われる契機になっています。
事務員の仕事は、女性が多い職場として知られていますが、総務の仕事と事務を兼任する中小企業の職場では、求人広告に男性求人が紛れていることが少なくありません。具体的には、事務員(男女)といったわざわざ男女両方の性別を併記した求人がされている場合には、男性求人が行われていると考えて良いでしょう。法律上の制限により、性別を限定して募集出来ないことを逆手に取った求人方法と言えます。

男性求人を効率良く探す方法

男性求人の多くは、特定のジャンルに分かれています。ガテン系、ナイトワーク、風俗求人と決まった職種については、一般の求人情報には掲載されておらず、18歳以上の大人のみが見られる形式に制限されていることが少なくありません。ガテン系の仕事ならば、18歳以上と限定しなくても良いと考えがちですが、中には20歳以上で契約に際して両親の同意が不要な年齢に限定している会社もあります。
年齢制限を設けている男性求人の中には、21歳以上という一見すると変わった年齢制限を設けている会社を見かけることがあります。大型免許が必要なトラックやバスのドライバーについては、最低でも大型免許が取得出来る年齢が21歳以上となるためです。求人を出している会社に余計な問い合わせが入らないように、求人情報を掲載している会社側で配慮がされた結果であって、実際に年齢制限を設けているわけではありません。
一般の求人情報に掲載されている中から選ぶことも出来ますが、ナイトワークや18歳以上の人しか閲覧出来ないサイト上で行われている求人についても確認することで、より高収入な男性求人を探すことが出来るでしょう。女性向けの風俗求人があるように、男性求人にもアダルトカテゴリーが存在していることを意識して探すことが大切です。

男性求人も時代の変化を受けている

求人情報にはかつて男女別に募集がされていましたが、男女雇用機会均等法が施行されたことで、男性求人は鳴りを潜める状態となりました。しかし、従来は女性が多く働いていた職場に対しても、男性が進出するキッカケとなった一面があり、保育士、看護師、介護士、臨床検査技師などで男性求人が見られるようになったわけです。中でも看護師については、服装としてズボンタイプが定着し、キャップが廃止される契機になったとも言われています。
臨床検査技師になるための専門学校では、女子校が多かったにも関わらず、臨床検査技師が男性求人にも対応するようになったことで、共学化が進みました。男性求人といえば、体力重視のガテン系の印象ばかりが目立ちますが、一見すると分かりにくい部分で就業場所の拡大が続いていることになります。ガテン系の仕事が出来る男性ばかりとは限らないので、働く場所の棲み分けが男女間で垣根を超えてなくなりつつある現状では、制服や学校など職種にまつわる部分まで連動して変化していることが窺えます。
プログラマーやシステムエンジニアなどの技術系の仕事では、依然として男性求人が多く目立ちます。繁忙期には帰宅時間が深夜に及ぶことや、泊まり込みで作業をしなければならないことがある影響からと考えられています。


最短4ヵ月で店長になることも可能!風俗業界で高収入な社員になりたいなら《やんちゃな子猫男子求人サイト》がおすすめです!業界未経験な社員もいますので未経験の方も気軽に応募できます!

関連記事

コンテンツ一覧

TOP