時代の変化を受けている男性求人は、女性が多い職場にも増えています

Job offer

高収入の男性求人には職人が多い

高収入を売りにした男性求人には、職人募集の求人が多いです。鳶職人から建設作業員に至るまで、肉体派のガテン系を中心とした仕事は、時給制ではなく日当いくらといった求人が一般的で、細かい時間の取り決めがされていないことがあります。なぜなら、仕事の多くが請負形式で親会社から依頼されるので、1日の作業量の目安が決まっており、早く仕上がれば早上がりをしても文句を言われません。逆に出来上がらなければ、残って作業を終わらせる必要があるので、細かい勤務時間ではなく日当制度が妥当なわけです。
 土木作業員よりも鳶職人の方が高給となりやすい点については、危険手当が含まれると考えれば納得が行くでしょう。下請けで仕事が回ってきた場合であっても、保険をしっかりかけておくことが必須ですが、大人数の現場ほど管理は自己責任の範囲が増えます。高収入の男性求人ほど、個別の契約についても業務請負契約となることが多いので、念のため危険手当と保険の加入状況は確認しておかなければなりません。雨天により仕事が中止となることもあるので、男性求人で職人や建築作業員を選ぶ際には月給見込みを考えて計画的に選ばないと、梅雨時が厳しくなってしまうでしょう。

関連記事

コンテンツ一覧

TOP